不動産ニュース / その他

2023/6/30

新たな事業領域の拡大目指す/大東建託

 大東建託グループは29日、ROOFLAG(ルーフラッグ)賃貸住宅未来展示場(東京都江東区)にて、2023年度の事業計画や今後の展開についての事業説明会を開催した。

 大東建託(株)取締役常務執行役員・不動産事業本部長兼大東建託パートナーズ(株)代表取締役社長の守 義浩氏が、30年度に向けたグループのビジョンを発表。「『託すをつなぎ、未来をひらく。』というグループパーパスに基づき“考動”し、建設・不動産領域の拡大、生活インフラ・暮らしのサービスを拡充することで、まちの活性化と地方創生の実現を目指す」とした。

 不動産流通開発は、大東建託(株)取締役上席執行役員・不動産流通開発本部長の天野 豊氏が説明。23年度は、札幌と仙台を加えた11支店に拡大し、人員も110名から180名に増員すると発表した。また、新たな領域の拡大を目指し、土地付き賃貸住宅「ビルドセット」の販売に注力。「今期は330億円の実績をつくり、将来的な成長につながる確約を取り付けたい」と話した。賃貸住宅の買い取り・リノベ再販事業では、23年度70億円、27年度300億円の実績を積み上げていく。物流施設や商業施設などの開発による非住宅分野の強化・拡大にも取り組む。

 技術部門では、繁忙期に集中していた工期を分散し、施工時期の平準化を目指すとした。また、環境配慮型住宅の推進も重点項目とし、「23年度は、ZEH賃貸集合住宅1万戸、LCCM賃貸重合住宅830戸を販売目標とする」(同社取締役上席執行役員・設計統括部長・舘 正文氏)。

 大東建託リーシング(株)は、グローバル事業において外国籍の入居者受け入れを強化。19年10月に中国・上海に設立した現地法人と日本国内の拠点が連携し、中国から来日する留学生や就労者の部屋探しをサポートする。24年度以降の黒字化を見込む。

 大東建託パートナーズは、太陽光発電システムとEV(電気自動車)を備えた店舗付き賃貸住宅の拡大を推進し、年間で10棟の受注を目指す。併せて、電子契約システムの導入、入居者の暮らしに役立つ情報を発信するWeb・アプリサービス「ruum(ルーム)」の取り組みを強化する。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。