不動産ニュース / 開発・分譲

2023/10/2

田園調布に介護付有料老人ホーム/JR西、住林

「グランフォレスト田園調布」外観

 住友林業(株)は29日、同社グループが運営する介護付有料老人ホーム「グランフォレスト田園調布」(東京都大田区、居室数78室)を報道陣に公開した。

 同施設は事業主であるJR西日本プロパティーズ(株)より住友林業グループが開発・運営の依頼を受けて開発したもの。JR西日本プロパティーズは、住友林業に建物一棟を賃貸。施工はコーナン建設(株)、運営はスミリンフィルケア(株)が手掛ける。スミリンフィルケアが運営する介護付き有料老人ホームは17棟目。

 東急東横線「多摩川」駅徒歩9分に立地。敷地面積1,993.42平方メートル。鉄筋コンクリート造地上5階建て、延床面積3,794.21平方メートル。

 介護居室面積は20平方メートル。木質感のあるフローリングや建具を採用している。ベッドにはセンサーマットを設置し、離床や心拍数・呼吸数等を感知し、24時間常駐しているケアスタッフに通知する。また、天井やトイレ、入口などに見守りセンサーを取り付け、居室温度・湿度、トイレの回数などを記録。異常値が検出された場合は、職員が駆け付けるなど、ICTを活用し、要介護者の夜間徘徊や立ち上がり動作に伴うケガを防止する。

 屋上や中庭は、入居者が自由に出入りできるくつろぎの空間として開放。在来種を中心に植樹し、生き物の住処となる巣箱や、鳥が水を飲んだり水浴びをするためのバードバスも設置した。BELSをはじめ、生物多様性保全の取り組み成果を認証する「ABINC」を有料老人ホームとして初めて取得。環境にも配慮した施設とした。

 料金は、前払金プランで入居金1,470万円~、月額利用料24万3,000円~。月払プランで月額利用料48万8,000円~。開設は10月1日。9月28日時点で22人の入居が決まっている。「グランフォレスト」シリーズの中でも入居者が決まるペースが早く、立地の良さや価格面が好評だという。

吹き抜けの開放的なロビーからは、中庭が眺められる

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

有料老人ホーム

高齢者住宅・施設の代表格。老人保健法では、「高齢者を入居させて、入浴、排泄、食事などの介護、食事提供など日常生活の上で必要な便宜を提供する施設」と定義されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。