不動産ニュース / その他

2023/11/6

住宅不足が続くNY。用途変更で対応も

 日本では住宅価格が上昇が続いているが、海外の大都市でも同様の傾向が見られる。とりわけ著しいのが、米国ニューヨークだ。中でもマンハッタンは、世界中の投資家から注目を集めているため、深刻な住宅不足に陥っている。こうした事態に対応するべく、ホテルやオフィス等を住宅への用途変更する事例が出てきている。

 マディソンアベニューに立地する高級コンドミニアム「The Wales」もその一つだ。同エリアのランドマーク(歴史的建造物)だったホテルを住宅に転換。最上階のペントハウス(延床面積約388平方メートル)は2,150万ドル(約32億円)で販売中で、投資家だけでなく実需のファミリー層からも引き合いを得ているという。

 一方、ウォール街にほど近いダウンタウンに立地する「The Cambridge Club」は、19世紀に建築されたオフィスビルをコンドミニアムへと改装した事例だ。1ベッドルームの住戸は50万ドル(約7,500万円)と、マンハッタンでは破格の低価格で売りに出されている。

 詳細は、(株)不動産流通研究所が発行する「月刊不動産流通」2023年12月号の巻頭グラビアコーナー「流通フラッシュ」を参照。ニューヨーク住宅市場の最新情報や、上記2物件のスペックを、カラー写真を交えて紹介している。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

コンドミニアム

共同で管理する集合住宅。英語のcondominium。日本においては主に「分譲マンション」を意味する。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。