不動産ニュース / 開発・分譲

2023/11/13

「立川髙島屋」をリニューアルオープン/東神開発

「立川髙島屋S.C.」1階の「わくわく広場」。地元産の野菜等を販売し、地域の魅力を発信する
「立川髙島屋S.C.」3階にはバンダイナムコアミューズメントのエンターテインメント施設を誘致。約800坪の店内にゲームコーナーやガシャポンコーナー等を取り揃える

 (株)髙島屋の連結子会社である東神開発(株)は、「立川髙島屋S.C.」(東京都立川市)を14日にリニューアルオープンする。それに先立ち13日、メディア向けに内覧会を開催した。

 同施設は、JR「立川」駅より徒歩3分に立地。地上10階地下1階建て。地域住民の生活に根付いた「暮らしの場」をコンセプトに、一部フロアを刷新。デイリーユースに適した専門店やエンターテインメント施設、コミュニティ施設など、さまざまな新規コンテンツを導入した。

 地下1階には、「立川」駅前エリア最大級のディスカウント・スーパーマーケット「オーケー 立川髙島屋S.C.店」をはじめ、地元農家・生産者の野菜や弁当、総菜、パン等を販売する「わくわく広場」など、毎日の「食」を充実させる全8店舗を誘致した。

 3階には、(株)バンダイナムコアミューズメントによる体験型エンターテインメントフロアがオープン。地域最大級のクレーンゲームを展開する「namco」、ガシャポン専門店「ガシャポンのデパート」、西東京エリア初出店の「一番くじ公式ショップ」等を揃え、ファミリー層を中心に幅広い世代に訴求する。

 10階屋上には、地域活性化に資する施設として、フリースペース「oniwa」と貸し農園「シェア畑garden」を開設。「oniwa」は、子供が走り回っても安全なゴムチップ製の床や、自由に描ける黒板、多摩産材の木製遊具等を配置したスペース。イベントステージではアート関連のイベント等を開催する予定。
 (株)アグリメディアが提供する「シェア畑garden」には、特製大型プランター約100区画を用意。各区画で年間10~15種類の野菜・果物が栽培でき、初心者でも本格的な野菜作りを楽しめる。収穫時期には子供向けの収穫イベント等も行なう計画。1区画当たりの利用料は月額9,900円。

 併せて、多摩モノレール下の「サンサンロード」に面する西側入口には、シーティングスペースなど誰でも利用可能な滞在空間を創出。「立川」駅北口エリアの活性化に取り組む任意団体「たちきたエリアマネジメント」をはじめ、周辺施設・企業・行政等と連携し、エリアイベントの開催などにも取り組んでいく。

10階屋上のフリースペース「oniwa」内のイベントステージ。立川市を中心に活動するミュージシャンによる演奏会など、多彩なイベントを開催していく予定
10階屋上の「シェア畑garden」。菜園アドバイザーの指導のもと、野菜作りやイベント等を通じて自然と触れ合える

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。