不動産ニュース / 開発・分譲

2023/11/15

兵庫・尼崎の物流施設が竣工/日本GLP

「GLP 尼崎Ⅳ」外観

 日本GLP(株)は14日、BTS型物流施設「GLP 尼崎Ⅳ」(兵庫県尼崎市)が竣工したと発表した。

 阪神高速3号神戸線「尼崎西」ICから約700m、阪神高速5号湾岸線「尼崎末広」ICから約1.7kmに位置。敷地面積1万4,196平方メートル。建物は耐震鉄筋コンクリート・鉄骨造地上4階建て。延床面積は約2万8,842平方メートル。リピーター顧客である(株)関通が、専用施設として1棟全体を利用する。

 外観は白色を基調に明るく清潔感のあるデザインを採用。エントランス付近には、木や緑などの自然の要素と自然光を取り入れ、明るい印象の空間に仕上げた。大型シーリングファンを備えたほか、他施設で働く従業員も利用できる厨房付きレストランを設ける。

 地震対策として耐震性能の高いブレース材を採用。浸水や液状化対策を講じている。全館LEDで、緑化エリアを整備するなど、環境にも配慮。今後は、自家消費型の太陽光発電の設置を検討しており、CASBEE(新築)認証も取得する予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

物流施設

貨物の保管・仕分けなどのための施設。物流センター、倉庫などであるが、保管機能だけでなく流通加工の機能を備えたものもある。必要な設備は貨物の性質や施設の用途によってさまざまで、その立地は、輸送方法や用途に応じて選定される。倉庫事業者が施設を建設し、賃貸する方法で運営されている場合が多い

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。