不動産ニュース / リフォーム

2023/12/8

賃貸Mのリノベ、建て替え比でCO2排出量75%減

 東急不動産(株)とリノベる(株)、国士舘大学朝吹香菜子研究室は7日、賃貸マンション「コンフォリア高島平」(東京都板橋区、全室数76戸、築27年)における産学共同研究の結果を明らかにした。

 東急不動産が事業主となり、プロジェクトマネジメントおよび総合企画を担当し、リノベるがリノベーションの設計・監理・施工を手掛けた。既存建物を同規模の新築に建て替えた場合と、今回のリノベーションとを比較。CO2削減効果と廃棄物削減効果を算出・見える化した。

 CO2排出量では、建替新築した場合を比べて75%削減され、削減量は約4,360tとなった。さらに1戸当たりに換算すると、約57tとなった。 廃棄物排出量では、建替新築した場合に比べて約96%削減され、削減量は約1万4,300tと算出された。また、1戸当たり換算すると削減量188tだった。

 リノベーションもしくは新築以後40年間のランニング(運用・改修)解体段階の評価も実施。リノベーションの場合は築67年で解体される「長寿命ケース」、建替新築の場合は、築27年で建て替え新築後築40年で解体される「短寿命ケース」があるが、長寿命ケースの場合は短寿命ケースに比べて40年間のCO2排出量が20%削減されることが分かった。省エネリノベーション実施によるCO2排出量削減効果は5%(約1,000t)となった。

 今回の研究により、リノベーションによる長寿命化と省エネリノベーションが脱炭素社会の実現に寄与すると分かったため、今後もリノベーションが環境に与える影響を検証・発表していくとしている。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。