不動産ニュース / 不動産金融・証券化

2024/2/2

インテリックス、不動産小口化商品の新シリーズ

 (株)インテリックスは1日、不動産特定共同事業法に基づく不動産小口化商品「アセットシェアリング」の新シリーズ「アセットシェアリング+(プラス)」の初弾の新規募集を開始した。

 これまでの「アセットシェアリング」は運用対象不動産を1物件に特定していたが、「アセットシェアリング+」は運用対象不動産を複数物件の統合やタイプ・種別の異なる組み合わせ、事業性を持たせた物件としたもの。

 第1弾では、東京都墨田区、川崎市川崎区、札幌市中央区に立地するレジデンス3物件を組み入れ、エリア分散によるリスクの軽減を図った。

 募集額は13億4,500万円、1口100万円(1,345口)を募集。予定利回りは約4.84%、運用期間は10年間。収益分配は年2回(2・8月)。組合組成日は5月31日。

この記事の用語

不動産特定共同事業法

出資等を受けて不動産取引を行ない、その収益を分配する事業の仕組みを定めた法律で、そのような事業を「不動産特定共同事業」という。1994(平成6)年に制定された。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。