不動産ニュース / 開発・分譲

2024/2/14

渋谷に環境配慮型不動産/東急建設

「(仮称)宇田川町42計画」完成イメージ

 東急建設(株)は13日、賃貸不動産ブランド「TQ(ティーキュー)」の開発計画「(仮称)宇田川町42計画」(東京都渋谷区)に着手したことを発表した。京都の賃貸マンション開発に続く新築計画第2弾。

 東急田園都市線他「渋谷」駅徒歩7分に立地。鉄筋コンクリート造+木造地上4階建て。延床面積1,277.28平方メートル。社有地の有効活用として、1階を店舗、2~4階をオフィスとする賃貸ビルを開発する。

 同ビルは、省エネ、ウェルネス、木材活用の視点で環境配慮への取り組みに力を入れており、BELSで「ZEB Ready評価」の取得を予定するほか、「DBJ Green Building認証」、「CASBEE ウェルネスオフィス評価認証」の認証も取得する予定。ゼネコン初となる自社開発計画でのSGEC/PEFCプロジェクト認証取得(森林認証を受けた森林から供給される木材の採用)も予定している。また、一部の構造材等に木材を採用し、美観向上や木材由来の癒やし効果に加え、二酸化炭素の排出量を低減する。

 竣工は2025年春の予定。

この記事の用語

ZEB

消費する一次エネルギーが実質的にゼロである建物。英語のNet Zero Energy Building(ネット ゼロ エネルギー ビルディング)の略語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。