不動産ニュース / 調査・統計データ

2024/2/21

売買物件探し、問い合わせが多い「設備」は駐車場

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は21日、「不動産のプロが選ぶ!『2023年下半期 問合せが多かった設備~購入編~』ランキング」を発表した。2023年7~12月にマンション・一戸建てを検討する顧客を担当した全国のアットホーム加盟店を対象として、インターネットによるアンケート調査を実施。調査期間は24年1月16~23日。マンション編は313店、戸建て編は419店から回答を得た。

 「2023年下半期 問合せが多かった設備~購入編~」は、マンションは「駐車場(近隣含む)」が42.8%で1位(前期比2.0ポイント上昇)。「敷地内駐車場に空きがなかったため、空きが出るまでの間、近隣の駐車場を確保した」といったコメントも多く寄せられた。2位は「オートロック」(34.2%、同2.6ポイント上昇)、3位「エレベーター」(33.9%、同2.1ポイント上昇)と、トップ3はすべて前期に比べて2ポイント以上上昇している。その他、「築年数が多少古くても駅が近い物件を希望されるお客さまが多い」といったコメントもあった。

 戸建ても、1位は「駐車場(近隣含む)」(49.4%、同2.6ポイント低下)で、「ガレージ付き・庭付き一戸建てを希望する若年層のお客さまが増えた」「車が何台駐車できるかを気にするお客さまが多い」といった声が挙がっている。2位は「システムキッチン」(22.4%、同2.8ポイント低下)、3位は「トイレ2ヵ所以上」(22.2%、同3.0%低下)。他にも、「マンションだと3LDKが多いため、4LDK以上の物件を探す方が戸建てを検索しているように感じた」「エリアのハザードマップを気にする人が増えた」などのコメントが寄せられた。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ハザードマップ

自然災害による被害予測および避難情報を表示した地図をいう。 災害の種類に応じて、洪水、津波、火山、土砂災害などのハザードマップが作成・公表されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。