不動産ニュース / IT・情報サービス

2024/2/26

ステージング画像生成技術を国際会議で発表

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は26日、国際会議において、グループ会社であるアットホームラボ(株)が研究・開発した画像生成AIを活用したホームステージング画像の生成技術に関する研究論文を発表したと公表した。

 2024年1月5~8日に開催された国際会議「ICCE2024(The 42nd IEEE International Conference on Consumer Electronics)」において発表したもの。画像生成AIである「Stable Diffusion」に、家具配置をしやすくする「ファインチューニングモデル」(家具配置LoCon)と、間取り保持をしやすくする「ネットワーク」(間取り保持ControlNet)を組み合わせ、部屋の間取りを保持した状態で家具配置が行なえるようにするという研究内容を論文にまとめた。

 ホームステージングの画像は、一般的には画像編集ソフトを用いて手作業で作成することが多く、作成には時間・コストがかかっていた。画像生成AIでホームステージングの画像を制作することも可能だが、部屋の間取りを無視した家具配置となる等の課題があった。上記研究は、それらの課題解決に寄与するもの。

 なお、同研究はアットホームラボと、東京大学大学院情報理工学系研究科・山崎俊彦教授との共同研究で、「画像生成AIを活用したホームステージング画像の生成技術」に関しては現在特許出願中。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

生成AI

新たなものを創り出すことができる人工知能。英語のGenerative Artificial Intelligence。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。