不動産ニュース / 政策・制度

2024/3/1

「不動産情報ライブラリ」で情報のワンストップ閲覧が可能に

 国土交通省は4月より、「不動産情報ライブラリ」(以下、「ライブラリ」)の運用を開始する。

 「ライブラリ」とは、オープンデータ等を活用し、不動産取引の際に参考となる情報を重ね合わせて表示するWebGISシステム。利用にあたって特別なソフトは不要で、スマートフォンやタブレットからの閲覧にも対応する予定。

 地価公示、都道府県地価調査、不動産取引価格情報、成約価格情報といった価格情報、学校、小中学校区、市町村役場、医療機関、福祉施設などの周辺施設等情報、洪水浸水想定区域、土砂災害警戒区域等の防災情報、用途地域、防火・準防火地域、立地適正化区域などの都市計画情報といった多様な情報を掲載する。その他将来推計人口(500mメッシュ)なども盛り込む予定。掲載情報はAPIで無償公開する。

 1日午前10時より、「ライブラリ」が閲覧可能になる予定。
 政策統括官付情報活用推進課のXアカウント(@GIS_MLIT)でも最新情報を発信する。  

画面イメージ(開発中のもの)

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。