不動産ニュース / 開発・分譲

2024/4/3

クレド、厚木のBTS型物流施設を着工

「CREDO厚木」完成イメージ

 クレド・アセットマネジメント(株)は2日、BTS型物流施設「CREDO(クレド)厚木」(神奈川県厚木市)の起工式を開催した。

 新東名高速道路「厚木南」ICから約1km、東名高速道路「厚木」ICから約 2.5kmに立地。敷地面積8,092平方メートル。鉄骨造地上4階建て、延床面積1万7,017平方メートル。テナントは大手物流会社が内定している。

 1~3 階の各階には、倉庫オペレーションに応じたオフィスエリアを設け、事務室、休憩室、荷受室などテナントのニーズに沿ったエリアを設定できる。空調、非常用発電機の増設、自動化対応など、機能拡張のオプションも用意した。

 従業員の憩いとなるよう、施設周辺の自然環境を生かし、相模川沿いの遊歩道につながるエリアを設置。外観デザインや植栽の採用など、周りの環境との調和を重視した。

 屋上には太陽光発電システムを導入予定で、テナントの再生可能エネルギーの利用による電気料金負担の軽減を図る。エントランスや休憩スペースに自然材・再生材を利用。CASBEE「Aランク」と BELS最高評価の5つ星を取得する予定。

 竣工は2025年7月の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

物流施設

貨物の保管・仕分けなどのための施設。物流センター、倉庫などであるが、保管機能だけでなく流通加工の機能を備えたものもある。必要な設備は貨物の性質や施設の用途によってさまざまで、その立地は、輸送方法や用途に応じて選定される。倉庫事業者が施設を建設し、賃貸する方法で運営されている場合が多い

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。