不動産ニュース / 開発・分譲

2024/4/11

フュージョンエネルギー会社へ出資/三井不

 三井不動産(株)は11日、フュージョンエネルギー関連装置・システムの研究開発を行なう京都フュージョニアリング(株)(東京都千代田区、代表取締役社長:小西哲之氏)への出資を発表した。

 フュージョンエネルギーは、発電過程で二酸化炭素を排出しないカーボンニュートラルの特徴を持ち、エネルギー問題と環境問題を根本的に解決できる技術として注目されている。諸外国で民間投資が増加しており、日本でも同社が発起人として参画する(一社)フュージョンエネルギー産業協議会(J-Fusion)が2024年3月に設立。フュージョンエネルギーの早期実現と産業化に向けた動きが活発化している。

 同社は、京都フュージョニアリングの専門性と市場ポテンシャルを評価。脱炭素戦略の一環として、グローバル・ブレイン(株)と共同で運営するスタートアップ投資事業「31VENTURES-グローバル・ブレイン-グロースI」を通じて、出資を行なう。

 今回の出資と、J-Fusionへの参画により、同社は今後のフュージョンエネルギーの社会実装に貢献し、脱炭素社会の実現を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。