不動産ニュース / 開発・分譲

2024/5/17

大阪・堂島の複合タワーが竣工/東京建物

「ONE DOJIMA PROJECT」。ホテルを分譲マンションで挟み込んだ複合タワー。水都大阪・堂島をイメージし、建物外観はヨットの帆をイメージした
マンションエントランスからラウンジ・ライブラリーまでは回廊状として、随所にアートを展示。さながら美術館のよう

 東京建物(株)は17日、シンガポールのホテルディベロッパー「Hotel Properties Limited」(HPL)と共同で開発を進めてきた超高層複合タワー「ONE DOJIMA PROJECT」(大阪市北区)を報道陣に公開した。

 JR線「大阪」駅徒歩9分に立地。建物は、鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上49階地下1階建て、高さ195m。分譲マンション「ブリリアタワー堂島」(総戸数457戸)が1~27階および38~49階、1~2階および28~37階が総客室数178室のホテルとなる複合タワー。2020年8月に着工、24年1月に竣工済み。マンションは、今月中に引き渡しとなる。梅田エリアのタワーマンションでは最高層。ホテルは大阪初進出となるHPLの「Four Seasons Hotel」が運営、24年8月の開業を予定する。

 アートのまちを目指す堂島にちなみ、“旅とアート”をコンセプトに、アート監修にエヌ・アンド・エー(株)代表取締役、アートキュレーターの南條史生氏を起用。同氏のキュレーションにより国内外のアーティスト40名が参画。建物周囲とマンション共用部に50点余の作品を展示する。また、建物自体も水の都と呼ばれた堂島エリアを象徴するべく、ヨットの「帆」をイメージさせるデザインとした。

 「Brillia Tower 堂島」は、住戸専有面積30平方メートル台~230平方メートル台。共用施設としてギャラリーコリドー、ボードルーム、ライブラリー、ギャラリーラウンジ、ワーキングブースなど多彩な施設を備える。各施設の予約はスマートフォンから可能。また、43階のバーラウンジは38階以上の居住者専用となる。

 マンションの販売は21年11月より開始。物件への問い合わせ数は1万2,000件超、モデルルームへの来場者数は約3,500件。これまで376戸を供給し、売り止めとしている3戸を除き完売している。販売価格は、5,280万円~10億8,000万円。

 同日の記者発表で挨拶した東京建物代表取締役社長執行役員の野村 均氏は、「旅とアートをコンセプトに建物全体に展示した。アートには、ここに住む人、堂島を訪れる人の感性を豊かにする力があると確信している。着工時はコロナ禍の真っ只中だったが、今は人出も回復し、大阪万博も控えている。この地に国際水準のホテルを誘致することで、多様な人々を呼び込みエリア活性化に貢献したい」などと抱負を述べた。

38階のバーラウンジは高層階居住者専用の共用施設。ここもアートで彩られている
「建物内外には50点ものアートを展示している。アートには居住者や訪れる人の感性を豊かにする力があると確信している」

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。