不動産ニュース / リフォーム

2024/5/17

「nol」ブランド2号店、箱根に開業/東急不

「nol hakone myojindai」外観
洋室
一部客室のテラスにある信楽焼の露天風呂

 東急不動産(株)は17日、ホテル「nol hakone myojindai」(神奈川県足柄下郡、総客室数39室)を開業した。同社のホテルブランド「nol(ノル)」の2号店。運営は東急リゾーツ&ステイ(株)。

 nolは、Naturally(自然体)、Ordinarily(普段通り)、Locally(土地の日常に触れる)の頭文字をつなげたもの。コンセプトは「自分らしく、普段通りに、その地域を楽しめるホテル」。1号店は「nol kyoto sanjo」(京都市中京区、総客室数48室)。

 「nol hakone myojindai」は、1993年に開発した「東急ハーヴェストクラブ箱根明神平」が会員制ホテルとして満期を迎えたことから、内装の大規模リノベーションを行ない、リゾートタイプのホテルとしてリニューアルしたもの。箱根登山鉄道「箱根湯本」駅から車で約20分に立地。敷地面積9,961平方メートル。建物は、鉄筋コンクリート造地上2階地下1階建て、延床面積3,982平方メートル。

 客室面積は30~52平方メートル、定員2〜4人の全6タイプ。洋室12室(うち信楽焼の露天風呂付き6室)、小上がりと畳エリアを設けた和洋室13室(同7室)、ツイン2室(同2室)、ペット対応ルーム2室。残り10室は会員制ホテルの部屋として運用する。客室内には、日常を感じてもらうため、花瓶や麦わら帽子などをしつらえている。宿泊料金は、1室4万円台〜5万円台から(食事なし)。

 温浴施設として、宮城野温泉を引湯した露天風呂付き温泉大浴場や、人肌程度の温度のサーマルプール、スチームで温まるサーマルルーム、テントサウナを完備。「ととのいテラス」「フォレストテラス」の2種類のテラスからは、早雲山や小涌谷といった箱根の景色を望むことができる。

 他に、ウッドチップを敷き詰めたウッドパーク、ドッグラン、ファーム(農園)、レストランも設置。レストランでは、ファームで収穫した葉物野菜やトマト、ナスを使った料理を提供する。またロビーでは、ハーブティーやコーヒーなどを無料で、ワインや日本酒などを有料で用意している。

 昨年10月に宿泊予約を開始。現在の稼働率は約60%だが、20歳代・30歳代の若者をターゲットに70〜80%を目標に運営する。うち、インバウンドは12~13%といい、将来的には25%ほどを目指すという。

 東急不動産は今後、人気の観光地を分析の上、「nol」ブランドの出店を検討。ペースとしては1、2年ごとに1件の事業決定をしていきたいとしている。

和洋室
ファーム(手前)とウッドパーク、ドッグラン(共に奥)
オープニングセレモニーでのテープカットの様子

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。