不動産ニュース / ハウジング

2024/5/22

積水ハ、「子供の発達に有効な住提案」で京大と研究

 積水ハウス(株)は22日、国立大学法人京都大学と「子どもの感性発達に有効な住提案に関する知見の拡大・創出」を目的とした包括提携を結び、共同研究プロジェクトを開始した。

 同社では、子供の感性を重視した「キッズ・ファースト」の住まいづくりに取り組んでいる。今回の共同研究は、子供の発達段階に応じた感性発達の研究を行なうことで、学術面からの知見やエビデンスを得ることで住まいへの提案力をより一層高めることを目的とする。多角的な研究アプローチが必要との判断から、今回の共同研究においては幅広い分野からのヒアリングと協議を進めていく。

 包括連携の期間は3年。1年目は多様な分野の複数の研究者とのディスカッションを行い、研究計画の精度アップや個別共同研究プランの策定などを進める。2、3年目については、1年目の研究成果を受け、個別の研究者との共同研究を進め、子供の感性発達に有効な住提案に関するエビデンスの蓄積を図っていく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。