不動産ニュース / 開発・分譲

2024/5/22

東急不、北海道に地域共生型施設をオープン

「TENOHA松前」外観

 東急不動産(株)は22日、地域共生型施設「TENOHA松前」(北海道松前郡)を15日にオープンしたと発表した。

 同施設は、国道228号線「松城」バス停に隣接。敷地面積約1,640平方メートル。建物は、木造スレート葺地上2階建て、延床面積約496平方メートル。内外装材に道南杉を使用している。施設用途は事務所、コワーキングスペース、ラウンジ、SOHO。

 同社は、2019年から松前町で陸上風力発電事業を展開。以降、まちづくりにおいて連携している。今回、同町での事業拡大に向けた事務所拡充のため、またまちづくりのさらなる推進のため、同施設の建設に至った。

 同社事務所区画と貸事務所区画に加え、(一社)北海道まつまえ観光物産協会のサテライト拠点、松前町就職サポートセンターのサテライトオフィスを設置している。また、1階にはバス待合所機能を兼用したラウンジを設け、コミュニティスペースとして地域に開放。平日に有料で利用できるコワーキングスペースも備える他、土日祝日はラウンジとコワーキングスペースを一体的に活用したイベントを開催していく。

 建物は、ZEB Readyの認証を取得しているとともに、同施設で使用する電気は100%再エネ化する。屋根上設置型・路面設置型の太陽光発電設備やツリー型風力発電機器などの導入も予定している。

 同社の発表によると、オープンを記念して実施したセレモニーで、同社代表取締役社長の星野浩明氏は「松前町の皆さんの生活に根差したまちづくりの活動拠点として、また観光客の方々に松前町の魅力をさらに知っていただく『開かれた拠点』になることを目指し、『みんなでつくる、育む』をキーワードに、名実ともに松前町の新しい顔となれるよう、施設を育てていきたい」と挨拶した。

この記事の用語

コワーキングスペース

属性の異なる人々が共同で利用し、相互に交流することのできる仕事場。英語のcoworking space。業務のための場所を共有するだけでなく、利用者間の交流が生まれるところに特徴がある。また、交流を促すための行事などが実施される場合もある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。