不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2024/5/23

過去最高の営業収益/三井リアル24年3月期

 三井不動産リアルティ(株)は23日、2024年3月期決算(連結)を公表。同日、業界メディアを対象に説明会を開いた。

 当期(23年4月1日~24年3月31日)は、営業収益1,859億6,400万円(前期比1.6%増)、営業利益289億5,400万円(同0.2%減)、経常利益289億7,000万円(同1.1%増)となった。営業収益は過去最高となり、営業利益も過去最高だった前年に次ぐ水準となった。営業減益は、人材投資やシステム投資などのコスト増が要因。

 セグメント別では仲介事業は総売上高916億900万円(同0.6%増)と過去最高を記録した。取引件数が3万8,680件(同1.1%減)と減少したものの、取扱高が1兆9,345億9,900万円(同0.8%増)と増加した。個人仲介では都心部の好調が継続、取扱単価の上昇が顕著だったことに加え、都心部以外の周辺部や地方圏においても堅調な業績を残したこと。また、法人仲介においても全体的に堅調に推移した。

 「都心部は絶好調と言っていいぐらい。ただし地方圏では、エリアによってばらつきが見られた。札幌と東北では、価格上昇を理由にやや売買の情報量バランスがゆるんできている。一方で福岡は元気。平均取扱単価が15%ほど上昇しているだけでなく、成約も順調に獲得できている」(同社取締役常務執行役員・岡村光浩氏)。

 期末の店舗数は289店舗(同2店舗減)。東京の湾岸エリアでの出店を強化しており、当期は同エリアで勝どきミッドセンター、ららテラスHARUMIFLAGセンターの2店を出店。湾岸エリアの店舗は7店となった。「24年度以降も古い店舗の整理や好立地移転など、店舗投資を継続していく」(同氏)。

 リパーク事業は売上高923億1,000万円(同2.6%増)。不動産市場の活発化から事業地を売却するオーナーも少なくなく、期末の駐車場管理台数は24万7,046台(同3,469台減)と減少した。カーシェアリング事業「三井のカーシェアーズ」については、期末の台数が7,541台(同1,174台増)、会員数も約46万組と、前期から約25%増加するなど順調に拡大した。

 24年度については、好調な市場環境を維持するとみて、「各数値が23年度並みの成長率を維持しつつ、営業増益を目指したい」(同氏)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。