不動産ニュース / 開発・分譲

2024/6/6

新宿西口の大規模開発PJが民間都市再生認定

「新宿駅西口地区開発計画」イメージ

 国土交通省は6日、小田急電鉄(株)と東急不動産(株)が申請していた「新宿駅西口地区開発計画」を優良な民間都市再生事業計画として認定した。

 同計画地は、「乗降客数が日本一のターミナルを有し、新宿副都心として発展してきた業務・商業機能を生かし、多様な魅力を備えた国際的な中枢業務・交流機能を担う拠点を形成する」ことを目指し、駅周辺の回遊性を高めるための立体的な歩行者ネットワークの充実・強化、歩行者優先の駅前広場へ再編することなどを定めている。また、新宿の拠点再整備方針としては、駅および駅ビル・駅前広場を含む一帯を「新宿グランドターミナル」と捉え、グランドターミナルとまちを結び付け、交流を生む歩行者中心のネットワークの構築といった都市機能の積極的な導入などにより、新宿グランドターミナルを一体的に再編する。

 今回認定された事業では、土地区画整理事業による基盤整備に併せて、駅とまちの連携を強化する重層的な歩行者ネットワークを整備。また、にぎわいと交流を生み出す滞留空間の整備、道路表層整備等による人中心の駅前広場整備に協力することにより、新宿グランドターミナルの利便性や回遊性の強化に貢献する。また、国際水準のオフィスやビジネス創発機能、多様なニーズに対応した商業機能を整備し、拠点としての新宿の相対的な地位向上、そして東京の国際競争力強化に貢献する。

 事業区域面積は約4万1,341平方メートル。整備する建物は敷地面積約1万5,718平方メートル、延床面積約27万9,057平方メートル、鉄骨造鉄骨鉄筋コンクリート像地上48階地下5階建ての店舗、事務所、駅施設などで構成する。

 また、公共施設として約3万7,612平方メートルの広場も設ける。

 2024年5月9日に着工。30年3月31日に竣工する予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。