不動産ニュース / 開発・分譲

2024/7/8

三井不、豪州で初のオフィスビルPJに参画

「(仮称)55 Pitt Street」完成予想図

 三井不動産(株)は8日、豪州の現地法人・オーストラリア三井不動産(株)を通じて現地企業による高層オフィスビル開発プロジェクトにメジャーシェアで事業参画することを決めた。同社が豪州でオフィス事業に参画するのは初めて。

 参画するプロジェクトは、Mirvac Limited(マーバック社)がシドニービジネス中心区域(CBD)で進める「(仮称)55 Pitt Street」で、すでにマーバック社との共同事業契約を締結。事業シェアは三井不動産が3分の2、マーバック社が3分の1となる。

 同ビルはシドニーCBDの中心地に立地し、同エリアで最大規模のオフィスビルとなる予定。鉄道・ライトレール「サーキュラーキー」駅徒歩3分で、敷地面積は約2,400平方メートル。建物は地上55階地下3階建てで、延床面積は約7万平方メートル。高性能技術を取り入れた環境配慮型のオフィス・商業の複合ビルとして開発する。現地のサスティナビリティ認証で最高値となる6つ星を取得予定で、100%再生可能エネルギーによる電力供給や自然換気が可能な高性能ファサードを採用するなど、共用部の運用時カーボンゼロを目指す。

 ワーカーの満足度を高めるため、シドニーハーバーとオペラハウスを望めるルーフトップバー&レストランや22mの吹き抜けのロビーや、自然を感じることのできるエントランス空間、コワーキングスペース・カンファレンスルームなどのスペースも設ける計画。

 立地・規模・スペックの面から高い競争力が期待できることに加え、シドニーCBDでは中期的に大規模物件の供給が限定的になることが見込まれるため、高い競争力を保てると期待している。

22mの吹き抜けや原生植物の植栽を配したエントランス空間
シドニーハーバーやオペラハウスを望むルーフトップバーからの風景

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。