記者の目

外見だけでなく中身も大事

2018/1/19

既存ストックの再生術としてすっかり市民権を得たリノベーションやコンバージョンだが、残念なことに耐震性や抜本的な商品性には...

全長10.9kmのローカル線が変わる

2017/12/18

人口減少や少子高齢化の影響で、私鉄各社は沿線に人を呼び込むため、沿線の活性化に力を入れている。不動産業に関連する部分も大...

記者の目一覧へ

海外トピックス

海外トピックス一覧へ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・賃貸住宅オーナーのための 防災・復興ハンドブック<改訂版>
自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

お知らせ

「記者の目」更新しました。

2018/1/19

建物と人をつなぎ、まちの魅力を残す」の記事を更新しました。

今回は、築52年の共同住宅兼店舗を“リファイニング工法”により改修した事例を取材してきました。
既存ストックの再生術として一般的なのは“リノベーション”や“コンバージョン”といった手法。ですが、これらの手法による改修は、外見の化粧直しにとどまり、耐震性や抜本的な商品性には手を入れないケースも…。一方、リファイニングは、躯体の延命措置を始め、建物の「中身」にまで徹底的に手を入れる手法。建物寿命も商品寿命もリセットすることができ、今、注目が集まっています。

お知らせ一覧へ