不動産ニュース / 団体・グループ

2002/10/25

住団連、住宅政策に対する意見を募集

 (社)住宅生産団体連合会は、一般消費者向け住宅情報サイト「住宅・すまいWEB」において、住宅政策への意見募集を行なっている。また、10月からは、有識者による特別寄稿の掲載を開始した。

 「住宅・すまいWEB」は、国民の住意識向上をめざす住宅月間中央イベントの主旨を具現化すべく7月に開設したもの。高齢者、まちなみ、環境など6つのテーマと住まいについて、学識経験者をプロデューサーに据え、情報発信および意見募集などを行なっている。
 そのうちの1つとして設けている「住宅政策へのご意見コーナー」では、現在の基本的な住宅・住環境の課題について5つのテーマを掲げ、継続的に意見募集を行なっている。投稿された意見は、ホームページ上に一定期間掲載されるほか、年度末には集まった意見をまとめた小冊子の作成も予定。今後も引き続き、広く国民からの意見を募っていく。募集方法等の詳細は以下の通り。
 併せて、10月からは、「住宅政策へのご意見コーナー特別寄稿」と題し、有識者による特別寄稿の掲載を開始した。テーマは一般と同様で、浅見泰司氏(東京大学教授)、嶌信彦氏(ジャーナリスト)、白石真澄氏(東洋大学教授)ら計12名の有識者が意見を寄せている。

■意見募集テーマ
(1)「住宅は充足している」という意見もあります。どのように考えますか
(2)経済社会の活性化にとって、住宅投資の果たす役割についてどのように考えますか
(3)既成市街地でのミニ開発の進行について、どのように考えますか
(4)「高い狭い」借家問題をどのようにして解決するか
(5)住宅における地球環境への対応についてどのように考えますか

■投稿方法
・文字数は、1課題につき400文字以内
・意見送付はE-mailまたはFAXで
○E-mailの場合 ホームページ投稿用紙またはizumi@judanren.or.jp
○FAXの場合 (社)住宅生産団体連合会 担当:泉
       FAX:03-3592-6464

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。