不動産ニュース / イベント・セミナー

2007/2/16

マーケティング力を強化、入居者サービスも拡充/ヒーローマンションFCが全国大会

全国大会の様子
全国大会の様子
「これまでは、建物の性能に頼って売ってきたが、これからはエンドユーザーにどれだけ支持されるハード・ソフトを用意できるかも重要になる」と語る日崎社長
「これまでは、建物の性能に頼って売ってきたが、これからはエンドユーザーにどれだけ支持されるハード・ソフトを用意できるかも重要になる」と語る日崎社長

 高気密、高断熱、ローコスト、環境配慮を売りにしたRC賃貸マンション「ヒーローマンション」をFC展開している(株)ヒーローライフカンパニー(代表取締役・日崎哲仁)は15日、「2007ヒーローマンションFC全国大会」を開催。加盟店関係者に、06年度の活動実績と07年度の活動方針等を発表した。

 同FCは現在、中小ゼネコン、工務店を中心に全国102店が加盟。2006年は、前年とほぼ同じ3,200戸を建設。累計建築戸数も1万9,000戸となった。07年は、前年比9%増の3,500戸の建設をめざす。

 全国大会で発表された2007年のテーマは「チェンジ・ザ・ルール2」。昨年来強化してきた、個人に頼る営業から組織で売る営業への転換と人材育成強化、見込み客を確実に顧客化するためのブランディング・マーケティングを本部・加盟店双方で確立する「ヒーローマーケティングシステム」をさらに根付かせるため、加盟店個々の「温度差」解消に努めていく。
 また、「従来は、建物の性能に頼って売ってきたが、これからはエンドユーザーにどれだけ支持されるハード・ソフトを用意できるかも重要になる」(日崎社長)との観点から、商品力を強化する。分譲マンション並みの広さを持ち、追い炊き、ベンチ付き浴槽、ワンプッシュ水栓などを備えたユニットバスを標準化する。さらに、宅配ロッカーの老舗、(株)フルタイムシステムと提携。賃貸住宅では珍しい宅配ロッカーを、大都市圏の加盟店施工マンションを中心に「コンビニロッカー」ブランドで展開していく。設置に係るコストはゼロで、管理料だけで運営していく。
 「フルタイムシステムのロッカーは、単なる宅配ロッカーではなく、さまざまなサービスが享受できる。忙しい都市生活者にとっては、宅配ロッカーは生活インフラの中心となる。向こう2年間は、このインフラを定着させるための地ならし期間と考え、概ね10戸以上の物件に、年間50棟ほど導入できればと考えている」(日崎社長)という。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。