不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2007/7/31

住宅・内装請負・リフォームの建築請負事業総じて増収/三井ホーム08年3月期第1四半期決算

 三井ホーム(株)は30日、2008年3月期第1四半期決算を発表した。

 当期(07年4月1日~6月30日)の連結売上高は361億5,200万円(前年同期比14.3%増)、営業損失61億3,700万円、経常損失61億6,500万円、当期純損失39億4,700万円となった。

 当期において新規モデルハウスの出店、販売用宅地の取得と販売強化、家づくり総合イベント「住まいと暮しのEXPO」の開催など営業情報の拡大と獲得に向けた諸施策に取り組み、売上高を前年同期比14.3%増としたものの、主力事業である建築請負事業における建物の完成引渡しが当期において著しく低いため、純損失となった。

 セグメント別の売上高をみると、建築請負事業は、事業用建物の内装請負、リフォームなどが総じて増収となったことにより、前年同期比8.2%増の246億7,700万円、住宅部資材加工・販売事業は同22.5%増の57億100万円、金融・リース事業は同5.8%増の4億1,400万円などとなった。

 通期では、連結売上高2,530億円、営業利益60億円、経常利益61億円、純利益32億円を見込んでいる。

 また、同社は同日付けで、連結子会社三井ホーム福島(株)、三井ホーム栃木(株)の解散を発表、9月30日の2社臨時株主総会で解散決議を実施し、07年12月末までに清算結了する予定。
 解散後それぞれの担当地域は、東北・北海道営業本部、首都圏営業本部が引き継いで営業を行なう。
 

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。