不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2010/7/21

賃貸保証制度協議会、第4回総会・記念講演会を開催「賃貸住宅居住安定化法への全面対応を」/日管協

会場の様子
会場の様子
新たに同協議会会長に就任した宗 健氏
新たに同協議会会長に就任した宗 健氏

 (財)日本賃貸住宅管理協会(日管協)賃貸保証制度協議会は21日、「フロラシオン青山」(東京都港区)にて第4回総会・記念講演会を開催した。

 開会にあたり、同協議会会長に新たに就任した宗 健氏は、「われわれは住宅セーフティネットを支える家賃債務保証業であるが、抱えている問題はまだ解決しておらず、クレームも減少したとは言い切れない。また、『賃借人の居住の安定を確保するための家賃債務保証業の業務の適正化及び家賃等の取立て行為の規制等に関する法律(賃貸住宅居住安定化法)』への対応は、当協議会が今年度取り組むべき事業の大きな柱。一社単独ではなく、全体で取り組むことで、共通認識をつくっていきましょう」などと呼びかけた。
 また、新役員にはカード会社系保証会社、独立系保証会社、管理会社系保証会社のそれぞれからバランスよく選任したことを明かした。

 総会では、平成21年度事業報告および決算報告がなされたほか、平成22年度事業計画案および収支予算案が承認された。

 平成22年度は主な事業として、賃貸住宅居住安定化法に対応するよう規約・自主ルールの改定、同法および政省令・ガイドライン等に関する調査・研究、また保証会社のあるべき会計基準(収益認識および引当認識等)についての調査・研究、広報・普及活動、行政との関係強化などを実施していく。

 また、続いて開催された記念講演会では、同協会顧問弁護士でことぶき法律事務所の亀井英樹弁護士が、賃貸住宅居住安定法案(家賃等取立て行為規制法案)の解釈を督促に関する条文を中心に解説したほか、家賃保証会社の責務などについて講演した。

 なお、同協議会の総会開催時点の会員数は46社。

 

 

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。