不動産ニュース / 政策・制度

2012/1/27

4月から「フラット35」融資率の上限等を引き下げ/住宅金融支援機構

 (独)住宅金融支援機構は26日、「平成24年度政府予算」の成立を前提に、4月1日以降の申し込み分から「フラット35」の制度を変更すると発表した。

 「フラット35」および「フラット35 Sベーシック」の融資率の上限を建設費または購入価格の10割から9割に引き下げるほか、「フラット35 Sベーシック」の金利引き下げ期間を、Aプランを当初20年間から10年間、Bプランを当初10年間から5年間に、それぞれ変更する。

 なお、「フラット35 Sエコ」の制度変更はないが、「平成23年度第3次補正予算」に伴う制度拡充終了日の翌日以後の申し込み分から、 今回の制度変更後の「フラット35 Sベーシック」と同じ条件になる予定。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年3月号 日々の実務に役立つ情報満載です。
編集部レポートでは、「DIY賃貸」の需要喚起に奮闘する不動産会社の取り組みを取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/2/6

「海外トピックス」更新しました

Vol.339 アートを核にしたコミュニティづくり(その1) の記事を更新しました。

「コミュニティ」の重要性が叫ばれる昨今。

アートを通じてコミュニティを醸成しようと取り組んでいるアメリカのスクールがあります。

誰でも入れて、自由に創作活動ができるという同校の様子をレポートします。