不動産ニュース / ハウジング

2014/10/2

木質系ブランドでZEH基準対応「SMART STYLE『S』」を発売/ミサワホーム

「SMART STYLE『S』」外観イメージ
「SMART STYLE『S』」外観イメージ
「INTEGRITY」「蔵」付3階建外観イメージ
「INTEGRITY」「蔵」付3階建外観イメージ

 ミサワホーム(株)は10日、木質系の企画住宅ブランド「SMART STYLE」シリーズで、2020年のZEH基準に対応する「SMART STYLE『S』」(スマートスタイル エス)の販売を開始する。

 環境意識の高い、20~30歳代の子育て世代をターゲットに、従来の「SMART STYLE」シリーズと同価格帯に設定しながら、断熱性能の向上や太陽光発電システムの標準化などを実現した商品。

 躯体の断熱性能を向上させ、外皮面積を小さくして熱損失を抑える「ECOフォルム」や自然エネルギーを活用し快適に暮らすための設計手法「微気候デザイン」などの採用により省エネ性能を向上。そのほか、屋根面積を大きく確保し、大容量の太陽光発電システムを搭載可能としたことなどでZEH基準もクリアしている。

 プランは10パターンを用意し、年間100棟の販売を目指す。販売参考価格は、延床面積110平方メートルの2階建てZEH仕様で税込2,160万円、同ベーシック仕様で税込1,942万円。

 また同日、木質系戸建住宅「INTEGRITY(インテグリティ)」で、大収納空間「蔵」付2階建および3階建タイプを追加した商品の発売も開始する。

 「INTEGRITY」は、デザインに対する強いこだわりを持つ30~40歳代をメインターゲットに、デザイナーズ住宅の新しいつくり方を提案する設計手法「MISAWA DESIGNERS’ CODE(ミサワデザイナーズコード)」のコンセプトに沿った商品。
 第1弾ではデザインテーマを「SQUARE in SQUARE(スクエア イン スクエア)」 に設定し、シンプルで普遍性の高い四角形の組み合わせによる外観をベースに、家族や地域の人々のつながりを重視したデザインとした。

 今回の商品は、「蔵」付とし、都市部や都市近郊でのニーズに対応するため立体的な空間活用を提案している点が特長。自由設計をベースにしながらも、今回のプランを合わせて推奨32プランを用意し、今後は「INTEGRITY」全体で年間200棟の販売を目指す。販売参考価格は、延床面積123平方メートルの「蔵」付2 階建てプランで税込3,255万円、延床面積111平方メートルの「蔵」付3 階建てプランで税込3,036万円。

 発売に先立ち2日に開催したマスコミ向け発表会で、同社代表取締役専務執行役員の平田俊次氏は、「『SMART STYLE『S』』の開発コンセプトは、設備性能を重視していた従来と違い、ゼロエネ率101%を実現するなど、建物性能を重視・強化した。弊社は今後、エネルギー環境ブランドナンバーワンを目指し17年には全地域でZEH仕様の標準化する」などと語った。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。