不動産ニュース / リフォーム

2015/2/17

東京・代官山で築44年のリノベーションビル竣工/ブルースタジオ

「SodaCCo」外観
「SodaCCo」外観

 (株)ブルースタジオはこのほど、築44年のリノベーションオフィスビル「SodaCCo」(東京都渋谷区)を竣工した。

 レストラン運営や不動産業等を展開するアーバンリゾートグループの母体である(株)佐藤商会(東京都目黒区、代表取締役:佐藤正芳氏)の所有する1971年築のビル。ブルースタジオは企画・設計監理を行ない、一部用途変更を伴う全面リノベーション工事を実施した。鉄筋コンクリート造地上6階建て。敷地面積712.42平方メートル、延床面積2,082.72平方メートル。東急東横線「代官山」駅徒歩8分に立地する。

 「子どもとクリエイターの『育つ』が出会う、みんなのビル」をテーマに、1~3階は子供をテーマとした事業者向けのテナントスペース、オフィススペース(全10区画)とした。1階建物前面セットバック部分は豊かな植栽を施し、まちのポケットパークおよびイベントスペースに。また2階メインエントランスラウンジにはカフェ、4~6階にはコアテナントとしてクリエイター専用シェアオフィス「co-lab 代官山」がオープンするる。「co-lab 代官山」は、14ルーム、22ブース、9デスクの固定スペースを用意。30人ほどのフレックスメンバーが登録可能で、総勢150人を超える利用者が集う予定。
 遊びが仕事の子供と、遊ぶように働く大人、また地域住民も集まって、出会いを通じて皆が育っていくことをイメージしている。

 現在、テナントスペース(13万3,000~59万8,000円、28.18~152.91平方メートル)、「co-lab 代官山」(3.00~109.55平方メートル、4万5,000~57万円)の入居者を募集中。先行内覧会等を通じて、一部テナントはすでに決まっている。

 3月1日にグランドオープン予定で、当日は式典やオープニングイベントを開催する。建物を見学できるほか、子供・キッズをテーマとしたフリーマーケット、co-lab ポップアップショップやワークショップを開催し、軽食も用意する予定。参加費は無料。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/11/24

「記者の目」更新いたしました

需要高まる『音楽マンション』」を配信しました。特定の入居者層をターゲットとした「コンセプト型賃貸」が注目を集める中、越野建設(株)は区のコンサートホール等を施工した経験・ノウハウを生かし、「音楽マンション」を開発しています。施工時の工夫はもちろん、長期入居の促進に向けては、「音楽マンションらしい」ソフト面でのサービスも…。