不動産ニュース / 開発・分譲

2015/6/25

東京・日暮里の会議室を備えたハイブリッドホテル着工/TKP

「アパホテル<TKP日暮里駅前>」外観完成イメージ
「アパホテル<TKP日暮里駅前>」外観完成イメージ

 貸会議室・宴会場運営の(株)ティーケーピー(TKP)は25日、アパホテル(株)とフランチャイズ契約を締結して開発を進める「アパホテル<TKP日暮里駅前>」(東京都荒川区、客室数278室)の起工式を執り行なった。
 
 同ホテルは、宿泊施設とレストランを併設した都市型ハイブリッドホテルで、1階を会議室フロアとする予定。アパホテルとのFC契約におけるプロジェクトは、「アパホテル<TKP札幌駅前>」に次いで2棟目で、首都圏では初。
 JR山手・京浜東北・常磐線、京成線・日暮里舎人ライナー線「日暮里」駅徒歩2分に立地。敷地面積588.42平方メートル、延床面積4,156.56平方メートル、鉄骨造地上15階建て。ホテル建設はアパグループが企画、監修を行ない、竣工まで全面的にバックアップする。

 全客室には、アパホテルオリジナルベッド「Cloud fit(クラウドフィット)」や卵形浴槽、オリジナルのユニットバスを設置。50型以上の大型テレビのほか、LED照明や複層ガラス、遮熱カーテンの導入により環境面にも配慮する。

 起工式後の記者会見で、同社代表取締役社長の河野貴輝氏は「当社は国内外に直営の会議室を1,451室、総席数10万6,031席を展開している。貸会議室事業の推進とともに、宿泊需要にも対応できるホテル開発も積極的に展開していきたい。3年以内に10棟を建設する予定。また、成田空港からのアクセスの良さを活かし、訪日外国人の受入体制も整えていく」と抱負を述べた。

 なお、竣工・開業は2016年12月の予定。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。