不動産ニュース / 仲介・管理

2015/8/7

築35年の空室ビルをリニューアル。高賃料でも入居好調/サンフロンティア不動産

「(仮称)銀座一丁目プロジェクト」外観
「(仮称)銀座一丁目プロジェクト」外観
築古の小規模オフィスでは珍しいトイレの男女別化も
築古の小規模オフィスでは珍しいトイレの男女別化も

 サンフロンティア不動産(株)は6日、オフィスビルリノベーションの新ブランド「プレミアムセットアップオフィス(PSO)」で再生したオフィスビルの内覧会を実施した。PSOは、立地特性や市場動向から、入居テナントのニーズを想定してリニューアルを施し、テナント付けなどを経て投資家に売却するビジネスモデル。

 物件は「(仮称)銀座一丁目プロジェクト」(東京都中央区)。東京メトロ「銀座一丁目」駅より徒歩3分に立地する鉄骨造地上9階地下1階建てのオフィスビル。地下1~地上2階は店舗で、3階以上が事務所となる。各フロアとも面積は約20坪。1980年築と古く、従前はオーナーの資金力不足からリニューアルや適切な修繕ができず、地下の店舗を除いて空室となっていた。

 同エリアでは、面積20坪程度の小規模オフィスの需要が強いことから、同社が前オーナーから同ビルを取得。約1億8,000万円をかけてリニューアル工事を施した。工事内容はエントランス改修、一部耐震補強、貸室内の男女別トイレ化、排水管の移設、屋上緑化など。リニューアル工事は9月前後に完了する予定。

 7月より募集をスタートし、すでに1件が成約。さらに複数フロアで成約の見込みが立っている。賃料は周辺相場が坪1万円台前半なのに対して同ビルは2万円前後で提案する。同社では、「従前は1万2,000円程度でも入居者が決まらなかったが、リニューアルによる差別化が奏功している」と分析している。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.387 将来は砂浜が無くなる⁉ 知られざるワイキキのビーチ事情【アメリカ】」配信しました。
ハワイの一大観光地である「ワイキキビーチ」は、人工的に作られた砂浜だとご存知でしょうか? 風光明媚なこのビーチを保全するため、ハワイ州が取り組む「サンドプロジェクト」について、現地ライターが紹介します。