不動産ニュース

2016/7/15

東京圏の地価変動率、住宅・商業ともに上昇傾向/三友システムアプレイザル調査

 (株)三友システムアプレイザル不動産金融研究所は15日、「三友地価インデックス 東京圏の最新地価動向」(2016年第2四半期)を発表した。

 実際の土地取引等の際に用いた鑑定評価(価格調査)の実績データを利用した地価インデックス。類似の地価指標である地価公示や都道府県地価調査などと比べて、実勢をよりタイムリーに反映している。

 当期(16年4~6月)の東京圏全体の地価変動率は、住宅地(前年同期比2.5%プラス、前期比1.9ポイントマイナス)が横ばいも含め14期連続上昇、商業地が(同1.0%プラス、同4.3ポイントマイナス)と7期連続上昇といずれも上昇傾向。ただし全体的な地価動向は弱含み。
 東京圏内都県別では、住宅地は東京都、千葉県、埼玉県が上昇。商業地は東京都、千葉県が上昇した。各都県内での地価の二極化により、変動幅は期ごとに大きな動きを繰り返している。
 
 地価指数(1994年第2四半期を100とした指数)は、住宅地は67.9(前期比1.8ポイントプラス)、商業地は46.8ポイント(同0.7ポイントマイナス)と、2012年以降上下を繰り返しながらも上昇傾向。都県別では、住宅地・商業地いずれも、東京都と神奈川県が相対的に高く、埼玉県と千葉県は低い。また、商業地は住宅地に比べてバブル崩壊後の下落幅が大きかったため、圏内全域で水準は低い結果となっている。

 東京都内のエリア別でみると、地価変動率は、都心部・南西部が上昇。地価指数は、南西部の水準が高く、都心部および都心3区で、他のエリアに比べてバブル崩壊後の下落幅が大きかったため、水準は低くなっている。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.387 将来は砂浜が無くなる⁉ 知られざるワイキキのビーチ事情【アメリカ】」配信しました。
ハワイの一大観光地である「ワイキキビーチ」は、人工的に作られた砂浜だとご存知でしょうか? 風光明媚なこのビーチを保全するため、ハワイ州が取り組む「サンドプロジェクト」について、現地ライターが紹介します。