不動産ニュース / 調査・統計データ

2016/10/28

日本の“ミレニアル”世代、オフィス環境に不満/CBRE調査

 シービーアールイー(株)は27日、マスコミ向けセミナーを開催。“ミレニアル”世代を対象に、住まいや職場環境などについて世界12ヵ国で調査した結果について、現在のニーズの状況や、今後のビジネスチャンスなどについて解説した。

 調査は、2015年12月に、米国、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、メキシコ、中国、香港、インド、日本、オーストラリアの22~29歳の男女1万3,000人を対象に実施、各国から1,000サンプルを収集、分析した。

 “ミレニアル”世代の居住スタイルについては、「親と同居」が世界平均では5割弱であるのに対し、アジア太平洋平均では約6割と高い傾向が見られた。なお日本は5割台と、アジアの中では同居率が低い。

 親元から離れる場合の住宅について、「すぐ/将来的に購入」「賃借する/住宅を購入する可能性は低い」が共に日本は3割台。世界平均は「すぐ/将来的に購入」が7割超と、大多数が購入を検討するのとは対照的な結果となった。同社リサーチエグゼクティブディレクターの大久保 寛氏は、「日本で購入の選択者が少ないのは、住宅価格が将来的に上がるという実感が低いことも理由では」と推測している。

 消費行動について、ネット以外の買物の割合については、日本では8割近くを占め、イギリス、アメリカの6割台と比べても高い結果に。「日本のEC化率は、店舗が少ない地方より都心の方が高いという現実から考えても、店舗ビジネスの拡大の余地はまだまだある」と同氏は述べている。

 働く場所については、オフィスデザイン・レイアウトに対する満足度でインドでは9割近く、中国でも6割近くが「満足」と回答しているのに対し、日本は4割ほどにとどまる結果に「日本では企業のほとんどが中小企業で、そうした会社はもっとグレードの低いビルに会社を構えている。そうしたビルのグレードアップが今後大きな課題となる」(同氏)とした。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

サブリース事業のガイドラインの概要やポイントを分かりやすく解説! 対応する事業者の取り組みも紹介します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/3/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.378 デンマーク人が最も大切にしている価値観 “ヒュゲ”【デンマーク】」配信しました。
最近、何かとメディアで取り上げられる「ヒュゲ(ヒュッゲ)」。とはいえ、実際にどういった意味なのか、説明できる人は少ないかもしれません。発祥元となるデンマークで暮らすライターが、デンマーク人の暮らしや思想を紐解きながら、「ヒュゲ」について説明します。