不動産ニュース / イベント・セミナー

2016/12/16

「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016」総合グランプリ、福岡のアーケード再生

15日に「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016」の入賞作品を公表、授賞式を行なった。写真中央が総合グランプリを獲得した(株)タムタムデザイン(北九州市小倉北区)代表取締役の田村 晟一朗氏
15日に「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016」の入賞作品を公表、授賞式を行なった。写真中央が総合グランプリを獲得した(株)タムタムデザイン(北九州市小倉北区)代表取締役の田村 晟一朗氏
総合グランプリ作品「アーケードハウス」外観。シャッター通りになった商店街の一画を住居としてコンバージョンした事例
総合グランプリ作品「アーケードハウス」外観。シャッター通りになった商店街の一画を住居としてコンバージョンした事例
「リノベーションはハードだけではないソフト面も含めた提案に進化している」と話す山本理事長
「リノベーションはハードだけではないソフト面も含めた提案に進化している」と話す山本理事長

 (一社)リノベーション住宅推進協議会は15日、「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016」の総合グランプリを発表。授賞式および講評会を開催した。

 リノベーションの楽しさ・魅力・可能性の訴求を目的に、同協議会加盟企業(約700社)の施工実績の中から、この1年を代表するリノベーション作品を選出するもの。今回で4回目。
 マンションおよび戸建ての1住戸に対する施工費用帯別(「500万円未満」「800万円未満」「800万円以上」「無差別級(1棟もの、オフィス・店舗、コミュニティデザイン等、1住戸に対する工事費用別の枠に当てはまらないものが対象)」)に優秀作品を選出。その中から総合グランプリを決めている。グランプリ作品は、同協議会ホームページのトップページや次年のリノベEXPOポスター等の販促イメージとして使用される。

 16年の選考対象物件は15年4月1日~16年9月30日に竣工した物件。7月4日~9月30日にエントリー作品を募集し、161作品がエントリー。10月3日~11月4日にSNS等を活用した一般投票(一次選考)を実施し、最終選考に進む51作品を選出した。

 住宅系の業界新聞や雑誌の編集長等からなる選考委員による最終選考会によって、総合グランプリには(株)タムタムデザイン(北九州市小倉北区、代表取締役:田村 晟一朗氏)の「アーケードハウス」(福岡県行橋市、800万円以上部門でのエントリー)が選ばれた。
 同作品は、閉店率7割のアーケード商店街の1区画(1979年10月築)を住居としてコンバージョンしたもの。施工費は約1,800万円。
 講評会で、選考委員は「アーケードの中に住居という見た目のインパクトで全員の興味がわいた」「商店街の空き店舗をシェアオフィス等にする事例はあるが住居はめずらしい」「全国でシャッター通りが多くある中貴重な提案」等、万場一致でグランプリ授与に至ったと話した。

 部門ごとの最優秀作品は、「500万円未満」がREISM(株)の「『ただいま』より、『いらっしゃい』が似合うカフェ部屋ライフ。」(東京都、賃貸マンション)、「800万円未満」が棟晶(株)「“高品質低空飛行”に暮らす家〈暮らしかた冒険家 札幌の家〉」(北海道、戸建て)、「800万円以上」は(株)スロウル「三角屋根のブロック造の家」(北海道、戸建て)、「無差別級」がブルースタジオの「カフェ&お宿『シーナと一平』」(東京都、旅館等)が選出。そのほか、特別賞として、空き家活用まちづくり賞に(株)八清の長屋の京町家再生、ユーザーファースト賞に(株)リビタのリノベ住戸の試し住み可の販売手法など、8作品が選ばれた。

 授賞式で、同協議会理事長の山本卓也氏は「地方作品のエントリーおよび受賞が増えた。発想の転換や新たな住まい方提案を進めることで、リノベーションがハードだけにとどまらないソフト面も含めた提案に進化していることによりその裾野が拡大したと考える。今後も当コンテストをますます格式のある賞として発展させたい」と述べた。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。