不動産ニュース

2017/1/11

簡易型ホテル事業へ参画。大阪・福島に直営1号ホテルを今秋開業/阪神電鉄

「ファーストキャビン阪神西梅田(仮称)」外観イメージ
「ファーストキャビン阪神西梅田(仮称)」外観イメージ
「ビジネスクラスキャビン」イメージ
「ビジネスクラスキャビン」イメージ

 阪神電気鉄道(株)は、簡易型ホテル事業への参画として、全国で8施設を展開(今春には12施設に拡大予定)している(株)ファーストキャビン(東京都千代田区、社長:来海忠男氏)と提携。今秋を目途に、大阪市福島区の阪神本線「福島」駅徒歩約1分の立地(旧線路跡地、現在は駐車場)に、第1号となる直営ホテル「ファーストキャビン阪神西梅田(仮称)」(総客室数147室)を開業する。着工は今月を予定。

 「URBAN RETREAT(都市の隠れ家)」をコンセプトとし、「ファーストキャビン」ブランドとしては、大阪キタで初の出店。

 延床面積約1,500平方メートル。客室は、全室シングルで女性用55室、男性用92室。ファーストクラスキャビン(幅2.1m×奥行2.1m×高さ2.1m)を43室、ビジネスクラスキャビン(幅1.2m×奥行2.1m×高さ2.1m)を104室設ける。
 既存の「ファーストキャビン」施設同様、男女別専用のエリア(1階は女性専用フロア、2階は男性専用フロア)を設けることで、女性客にも気軽に利用してもらえるように配慮。夜間はバーとなるカフェも併設するなど、若年層を中心として、ビジネス客だけでなく、観光客の利用も見込んだ設計とする。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。