不動産ニュース / イベント・セミナー / 取材

2017/2/16

「中大規模木造建築物」の普及へシンポジウム。先導事例を発表/木活協

基調講演を行なう静岡大学学術院農学領域教授の安村 基氏
基調講演を行なう静岡大学学術院農学領域教授の安村 基氏

 (一社)木を活かす建築推進協議会(木活協)は15日、「中大規模木造建築物普及シンポジウム~先導的中大規模木造建築物 事例発表会~」を、すまい・るホール(東京都文京区)で開催した。

 中大規模木造建築物の一層の普及を図るため、国土交通省では、構造、防火、生産システムの面で先導的な木造・木質化建築物のリーディングプロジェクトを支援している。

 開会の挨拶で、サステナブル建築物等先導事業評価委員会委員長の大橋好光氏は「木造の可能性を広げるような建築について後押しをしている。昨年から応募の内容が、生産地域から都市部での木材利用へ変わってきている印象。波及性、普及性など、木材利用の新しい提案があれば、積極的に採択していきたい」などと話した。

 第1部では、静岡大学学術院農学領域教授の安村 基氏による「日本及び欧米における中大規模木造建築物建築事情」と題した基調講演が行なわれた。

 第2部では、サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)による整備事例を発表。木造2×4と鉄筋コンクリート造の混構造による5階建て特別養護老人ホーム「花畑あすか苑」や、住宅用流通材を組み合わせた「合せ柱・合せ梁・重ね梁」による中規模木造「ポラス建築技術訓練校」など、6事例が紹介された。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年12月号 日々の実務に役立つ情報満載です

「全国版空き家・空き地バンク」の運用がスタート!その概要や、モデル事業者2社のサイトを紹介します。

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

お知らせ

2017/11/6

「海外トピックス」更新しました

Vol.333 スポンジハウス の記事を更新しました。

8月にテキサス州ヒューストンを襲ったハリケーンでは、多くの家屋が被災。その後家に住めなくなった人々も多くいます。

筆者の友人ミーナもその一人。水害で住めなくなった家をどう修理するのか、今後同じ家に住めるのか…

現状をレポートします。