不動産ニュース / 開発・分譲

2017/4/6

首都圏住宅地地価、全エリアで上昇率低下

 野村不動産アーバンネット(株)は6日、2017年4月1日時点の首都圏「住宅地価格」と「中古マンション価格」動向の調査結果を公表した。四半期ごとに実施している定点調査で、調査地点は住宅地が158地点、中古(既存)マンションが240地点。

 首都圏エリアの四半期(1~3月)の平均変動率は、住宅地価格は0.2%(前回0.3%)、既存マンション価格は0.1%(同0.3%)となった。いずれも、13年7月調査から連続しプラスを維持。エリアごとの平均変動率も、住宅地価格は上昇率が低下したもののすべてのエリアでプラス、既存マンション価格は東京都下、神奈川県以外でプラスとなった。

 住宅地価格は、四半期比較で「値上がり」を示した地域が10.1%(同20.9%)、「横ばい」が82.9%(同70.3%)、「値下がり」が7.0%(同8.9%)と、「横ばい」が増加して「値上がり」「値下がり」が減少した。既存マンション価格も、「値上がり」が11.7%(同16.3%)、「横ばい」が81.3%(同70.8%)、「値下がり」が7.1%(同12.9%)となり、「横ばい」が増加して「値上がり」「値下がり」が減少した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。