不動産ニュース

住宅購入・建築検討者、注文住宅が60.7%

 (株)リクルート住まいカンパニーは18日、2016年度「住宅購入・建築検討者調査」の結果を発表した。首都圏(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)、東海(愛知県、岐阜県、三重県)、関西(大阪府、京都府、兵庫県)、札幌市、仙台市、広島市、福岡市に在住で、住宅の購入・建築、リフォームのタイミングだと感じている、過去3ヵ月以内に何らかの行動をしており、検討に関与している20~69歳の男女が対象。調査期間は16年9月13~27日で回収サンプル数は1,265。

 検討種別でみると、注文住宅が60.7%がトップで、続いて新築分譲マンション35.7%、新築分譲一戸建て36.0%、中古マンション25.0%、中古一戸建て24.6%、持ち家リフォームが14.4%となった。

 一戸建てかマンションのどちらを希望するかについては、全体では一戸建てが63.8%とマンションの22.8%を大きく上回った。エリア別では、一戸建ての志向が高いのは東海エリア73.3%、広島市が73.2%、仙台市が70.1%、マンション志向が高いのは福岡市40.5%であった。世帯別では、マンション志向が高いのは、シングル女性で56.1%。一方、ファミリー世帯では、一戸建て志向が高く、一番下の子供が小学校入学前・小学校までの場合が76.1%、中学校以上が66.7%という結果に。

 新築か中古かについては、新築希望が76.6%と中古希望7.3%を大きく上回った。エリア別では、新築志向が高いのは広島市81.6%、東海81.4%、関西80.3%で、反対に中古を希望する割合が高かったのは札幌市18.1%、仙台市11.6%であった。

 リノベーションの認知度と関心度については「『リノベーション』という言葉も内容も知っていて関心がある」、「『リノベーション』という言葉も内容も知っているが関心はない」、「『リノベーション』という言葉はきいたことがあるが、内容は知らない」、を合わせると96.9%、「関心がある」と答えたのは52.1%で4年前の調査の約1.8倍となった。

 DIYについては、「『DIY』という言葉を知っている」と回答したのは96.5%。「関心がある」と回答したのは55.1%となり2年続けて上昇となった。またDIYのイメージについては「日曜大工」が最も高く84.7%、「一般向け」69.8%、「インテリア」66.6%、「お金が安くおさえられる」64.9%と続いた。DIYの経験については、「蛇口やシャワーヘッドを交換した」が34.4%と最も高く、次いで「壁紙を貼る・ペイントした」が28.3%、「壁に棚を取り付けた」が27.8%。

 また、住み替えや予算について、親や親族から「援助を期待する」は44.3%で、援助希望額の平均は831万2,000円であった。

記事のキーワード 一覧

NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2017年6月号 資料編も充実!
特例に関する計算例や基準などもわかりやすく掲載しています

税制・法律・行政情報など、実務に役立つ情報満載! ご購読はこちら

ピックアップ書籍

マンション管理士合格講座/ 管理業務主任者合格講座アットホームスタディ

マンション管理士または管理業務主任者の資格取得を目指す方へ

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

お知らせ

2017/5/26

ムック本「防災・復興ハンドブック」<改訂版>発売しました

2010年9月に発売し、好評を得た「防災・復興ハンドブック」の改訂版を発売しました。

災害に見舞われたら、資産を預かる不動産管理会社や入居者の安全を預かる賃貸住宅オーナーはどう行動し、対処したらよいのか?

今回のハンドブックでは、2011年3月の東日本大震災、16年4月に最大深度7を2度記録した平成28年熊本地震の被災事業者の声をを基に被災時に必要な対応を取材し盛り込んでいます。

また国や自治体の防災対策や支援制度、時代に即したBCPの在り方等を中心に加筆、改定。さらに見やすくバージョンアップしています。是非お手元に常備を!

弊社ショップサイトからお申し込みください。