不動産ニュース / 仲介・管理

2017/5/25

豊洲に「体験型」のマンション管理研修施設

「すまラボ」の「お部屋の裏側」エリア
床下や壁内など入居者が普段見られない裏側を展示

 三井不動産グループでマンション管理を手掛ける三井不動産レジデンシャルサービス(株)は、マンション管理に関する体験型コミュニケーション研修施設「すまラボ」を、同社本社内(東京都江東区)に設置。25日、報道陣に公開した。

 マンション管理員を対象にした一般的な研修施設がマンション共用部の設備機器等の扱い方に特化したものになっているのに対し、「すまラボ」はマンション管理員に加え、入居者や管理組合役員、地域住民がマンション管理のさまざまな場面を「体感」しながら学べるコミュニケーションスペースとしての利用を意識して計画された。

 東京メトロ有楽町線「豊洲」駅徒歩6分に立地。本社ビルの1フロア・約230坪を11のコーナーに分け、マンション各所の設備等を実大展示し、スタッフが管理の各場面での対応を再現している。単なる展示ではなく、消火栓での放水、災害避難時のバルコニー隔壁板蹴破り、共用廊下の掃除、ステンレス部位の清掃などを実際に体験研修できるのが特長。東京都から職業訓練校認定も受けており、コンシェルジュ養成コースなどの社内研修を行なう。

 平日は同社が管理するマンションの管理員に対する研修場として利用するが、休日はマンション管理組合の理事会会場として利用してもらう。同時にマンション管理体験をしてもらうほか、各種イベントを開催して入居者や地域住民と防災やマンション管理を核にした交流を図る。NPO法人プラス・アーツやサスティナブル・コミュニティ研究会と協働した独自の体験型コミュニティイベントも、8月からスタートする。

 同日会見した同社執行役員の山村勝治氏は「これまでもグループで研修施設を持っていたが、マンション居住者の永住意識の高まりやニーズの多様化に対応した施設が必要になると、3年前から計画してきた。ハードだけではなく、現場での居住者への接遇などソフト面での管理品質向上を図っていく」などと語った。

本物の消火栓からの放水体験コーナー
火災などの際、隣戸に避難するとき
隔壁版を蹴り破る体験

この記事の用語

マンション管理業

マンションの管理の適正化の推進に関する法律では、マンション管理業とは「管理組合から委託を受けて、業として分譲マンションの「管理事務」を行なうこと」であると定義している(同法第2条)。ここでいう「管理事...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年4月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。