不動産ニュース

2017/6/6

京町屋・古民家を活用した宿泊事業展開/ワコール

宿泊事業に関するスキーム

 (株)ワコールはこのほど、京町家・古民家を活用した宿泊・物販・サービス事業に参入すると発表した。

 京町家は、所有者の高齢化に伴い老朽化物件や空き家が増加している。その一方で国内外から関西へ訪れる観光客が増加する中、京都を中心とする宿泊施設は慢性的に不足していることから事業参入を決定。京町家の保全・活用による宿泊施設等の運営と、地域経済の活性化への貢献、宿泊者向け体験プログラムを通じた京都の歴史・文化、伝統などの浸透を進めていく。

 同社は、行政や地元不動産会社を介し京町家の所有者と賃貸借交渉・契約業務、施工業者選定、宿泊事業運営全般を担当する。建物は定期建物賃貸借契約を基本として借り上げ、歴史的建造物の価値をなるべく保全しながらリノベーションを施す。リノベーションに関してはグループ会社の(株)ワコールアートセンターと連携して実施し、伝統文化と現代アートが融合した空間を宿泊者に提供する。その他、宿泊者には体験プログラムのコンテンツや体験ツアーなどを提供する予定。

 今後、ワコールアートセンターと連携し、具体的な施設コンセプトや設計を決定しリノベーションを開始する。2018年4月に2~3施設を開業する計画。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

古民家

建築後、長い年月を経過した住宅。地域の歴史や風土を反映しやすく、単に「民家」と呼ばれることが多い。その価値に着目して、移築や再利用されることもある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。