不動産ニュース / 開発・分譲

2017/7/25

「上野」駅前にグルメタワー誕生/東京建物

「FUNDES(ファンデス)上野」外観

 東京建物(株)は24日、都市型コンパクト商業施設「FUNDES(ファンデス)上野」(東京都台東区)の26日オープンに先立ち、マスコミ・関係者向け内覧会を開催した。

 同社では、「FUNDES」シリーズとして、都市型コンパクト商業施設の開発を積極的に推進している。同施設は「FUNDES水道橋」(2015年8月開業)、「FUNDES神保町」(16年11月開業)に続いて第3弾となる。

 「上野」駅徒歩1分。オフィス・宿泊施設が立ち並ぶエリアに立地。鉄骨造地上10階地下1階建て、敷地面積382.23平方メートル、延床面積2,2249.14平方メートル。

 東京初出店の博多や土佐の人気居酒屋をはじめ、魚介専門イタリアン、北関東の郷土料理を提供する居酒屋など新業態店舗がフロアごとに10店舗入居する。

 オープニングセレモニーで東京建物(株)商業施設事業部長の杉瀬一樹氏は「当物件は都市型で地元密着型の商業施設の第3弾。個性的かつ魅力的な店舗が集まった。皆さんにご愛顧され、地域の発展、活性化につなげていきたい」などと挨拶した。

オープニングセレモニーの様子。
ゆるキャラ「ぐんまちゃん」も駆け付けた(左)

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。