不動産ニュース / 仲介・管理

2017/8/21

外国人留学生専門の賃貸店舗を展開

 (株)ジェイ・エス・ビーは、グループ会社の(株)ジェイ・エス・ビー・ネットワークにより、外国人留学生向けの新賃貸ブランド「UniLifeGlobal(ユニライフグローバル)」を立ち上げ、21日、第1号店舗を高田馬場にオープンした。

 政府による外国人留学生30万人計画推進等を背景に、日本国内の留学生数は年々増え続けているものの、保証人が確保できない、家主の理解不足などを理由に留学生が快適に暮らせる住まいの供給は遅れている。こうした現状を解消することを目的に、新ブランドを立ち上げた。同社では、学生向け賃貸ブランド店舗「UniLife」、高齢者向け住宅紹介ブランド店舗「GrandUniLife」に次ぐ、3つ目の賃貸ブランド店。

 店舗には、英語、中国語、韓国語、日本語の4言語対応のスタッフが常駐。契約内容の説明や入居中の相談などに対応し、コミュニケーションストレスを解消する。

 一般賃貸住宅だけでなく、シェアハウス、家具家電付き賃貸住宅など多様なニーズに対応。保証人不要、初期費用低額、短期入居への対応や、アルバイト紹介、携帯電話取り次ぎなど生活面のサポートも行なう。今後は、展開エリアで1室から空室を借上げるなどして、留学生向け物件を確保。順次、全国展開を図る。

 第1号店となる「UniLifeGlobal高田馬場店」の所在地は、〒169-0075東京都新宿区高田馬場1-33-5タケモトビル1階。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。