不動産ニュース / イベント・セミナー

2017/9/5

「大都市の空き家」テーマにシンポジウム

 (公社)日本不動産学会は、シンポジウム「大都市部の空き家利活用における住民・行政・企業の役割と連携方法-地方の経験を生かして-」を10月27日に開催する。

 今後急増が見込まれる大都市部およびその郊外地域における空き家に焦点を当て、すでにさまざまな政策やプロジェクトが実施されている地方の取り組み事例等を参考に、空き家を地域資源とした利活用の可能性や、住民、行政、企業の役割や連携方法を検討する。

 同学会の理事兼横浜市立大学国際総合科学部教授・斉藤広子氏の基調講演のほか、行政・住民団体・企業それぞれを中心とした取り組みの活動報告等が行なわれる。

 会場はすまい・るホール(東京都文京区)、時間は13時~16時45分。参加希望者は、「10月27日シンポジウム」と記載の上、氏名、区分(同学会会員、後援団体関係者(団体名)、一般のいずれかを記載)、勤務先・所属、連絡先を明記し、FAX(03-5211-1425)またはメール(jares●js4.so-net.ne.jp(●=@))で申し込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。