不動産ニュース / 調査・統計データ

2017/10/4

商業店舗の出店時重視項目「エリア」が8割

 (株)ザイマックス不動産総合研究所は、商業店舗の出退店に関する調査を実施、結果を公表した。調査は5~8月、早稲田大学建築学科小松幸夫研究室と共同で、年間の売上高が30億円以上の商業事業者を対象に、アンケートとヒアリングを実施。アンケート有効回答数は586社、ヒアリングは9社から行なった。

 店舗出店における不動産の所有・賃貸の方針について聞いたところ、「建物賃借(借家)」が43%で最多。また、「特に決まっていない」という回答が32%と2番目に多く、物件ごとに柔軟に対応している事業者が多いことも分かった。このほか、「借地・建物自社」が13%、「自社所有」が10%となった。

 新規出店時の重視項目については、「エリア」が80%で最も多く、次いで「マーケット規模」79%、「賃料および共益費」76%となった。各項目を「立地・マーケット」「契約者・契約条件」「建物・設備」「競合店」などに分類して分析したところ、「立地・マーケット」「競合店」の重視度が高く、「建物・設備」は低くなった。

 新規出店時の困りごとについても聞いたところ、「適正面積の物件が少ない」「契約条件が厳しい」「未公開の最新物件情報が入手しづらい」などといった回答が上位となった。

 退店について、過去3年に45%が「契約期間満了前に中途解約して退店した」と回答。その理由については、「マーケットの購買力縮小」が35%で最多。「商圏内に競合店が増加」33%、「近隣店舗撤退の影響で集客力が低下した」31%など、外的な要因が上位に固まった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。