不動産ニュース / その他

2017/10/4

シェアリングエコノミー事業者協議会設立へ

 (公財)日本賃貸住宅管理協会は3日、新たな事業者協議会「シェアリングエコノミー事業者協議会(仮称)」を、2018年5月に設立すると発表。同協会4番目の事業者協議会となる。

 空き家・空き地の増加が社会問題化している中、ベンチャー企業等がITを駆使し、シェアリングエコノミーの概念のもと解決に向け取り組んでいるが、不動産業界の複雑さに相対し、事業拡大が十分になされていない。同協議会は、そうした事業者と賃貸管理事業者とのかけ橋となることを目的に設立。シェアリングエコノミー業界の発展に貢献していく。

 事業内容は、ITを活用した新たな事業モデルの普及・提供、新たなサービスや商品の紹介、行政への協力、市場のルールづくりや育成など。会員の属性は、同協会会員で、ITやシェアリングエコノミーに関わる事業者。9月30日現在で、18社が名乗りをあげている。

 11月14日開催の「日管協フォーラム」でセミナーと報告を行ない、会員を募集。18年5月下旬に、同協議会設立総会を実施、同年6月14日の日管協会員総会で設立を報告する予定。

 同協会会長の末永照雄氏は会見で、「われわれ賃貸管理事業者がIT等に保守的なオーナーに理解を促し、シェアリングエコノミー事業者とをつなぐ役割を果たしていきたい。賃貸管理事業者にとっても、新しい貸し方を模索できるきっかけになる。協議会の活動を通じ、賃貸市場に新たな可能性を創造していく」などと話した。

この記事の用語

シェアリングエコノミー

空き状態にあるモノや技能の個人間の貸し借りを、情報通信システムを活用して仲介するサービス。英語でSharing economy。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。