不動産ニュース / その他

2017/10/4

単身高齢者宅への学生同居を支援/京急電鉄

 京浜急行電鉄(株)は、単身高齢者の家庭に大学生が同居する「世代間ホームシェア事業」を展開するNPO法人リブ&リブ(代表:石橋鍈子氏)と相互に連携・協力する業務提携契約を結んだ。

 「世代間ホームシェア事業」とは、一人暮らしの高齢者の自宅に地方から就学のために来た大学生が同居するもの。リブ&リブは、同サービスの利用を希望した高齢者と学生を審査し、組み合わせを決定。同居開始前に居住ルールや料金光熱費・生活雑費等(2万円程度)を決めた上で、同居生活の完了まで、毎月専門のコーディネーターを派遣し、サポートしていく。サービス利用に当たっては、入会費や月会費(3,000円)が必要。

 今回の業務提供に基づき、京急沿線で同事業を展開。学生に対しては京急グループのアルバイト先を紹介するほか、高齢者には同居解消後の不動産関連サポートを提供していく。業務提携期間は2年。

 初弾として1日から、東京・大田区にて85歳の高齢者の自宅で20歳の大学生が同居を開始した。今後、横浜市立大学など沿線の大学とも連携していく予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。