不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2017/10/6

AM受託資産残高が過去最大/トーセイ

 トーセイ(株)は5日、グループ合計でアセットマネジメント受託資産残高が過去最大の5,200億円を突破したと発表した。

 最終年度を迎えた同社グループの中期経営計画では、重点戦略の一つに「安定3事業の強化」を掲げ、不動産ファンド・コンサルティング事業や賃貸事業、管理事業など、安定した収益を得られるフィービジネスの拡大を目指している。

 主体となる不動産ファンド・コンサルティング事業を担う、グループ会社のトーセイ・アセット・アドバイザーズ(株)は、投資対象物件のハード・ソフト両面のバリューアップ、的確な運用状況の報告と適正なキャッシュマネジメントにより、投資効率の最適バランスを実現、投資家の信頼獲得に努めてきた。

 その結果、国内・海外問わず、さまざまな投資家からの新たな受託へとつながり、アセットマネジメント受託資産残高がグループ史上過去最高に到達したもの。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

アセットマネジメント(Asset Management)

委託を受けて不動産などの資産の形成、運用、保全を行なうことをいう。その際に重要なのは、投資目的に沿ってリスクとリターンをコントロールすることであり、資産価値を評価するほか、投資内容や投資先の分散、投資期間の設定などについて工夫することが要求される。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。