不動産ニュース / その他

2017/10/6

未来の住まい提案に向けたPJ始動/阪急不

アルスエレクトロニカとのワークショップの様子

 阪急不動産(株)は5日、これからの日本社会に求められる未来の住まいを考えるプロジェクト「LIVING STYLE 2025 住まいの未来」を開始すると発表した。

 東京オリンピックから5年後の2025年には、日本人の平均年齢は50歳になり、高齢化率の上昇や生産年齢人口の減少・空き家や単身世帯の増加など、大きな社会変化が予想されている。

 一方、IoTやAIなどの技術の進歩も目覚ましく、これから起こる大きな生活様式の変化に対応するためには、これまでとは違う住まいのあり方やサービスが求められる。

 そこで、同プロジェクトでは、その第1歩として、「今後、生活環境が大きく変化する未来においても、人々は集まって住むのか」という問いをテーマに、25年の集合住宅のあり方を構想・開発するためのワークショップを開催。世界的なクリエイティブ機関のアルスエレクトロニカと共に、未来への洞察を深めた。

 彼らからのインスピレーションに加え今後は、富士通デザイン(株)の共創のもと、未来のヒト・住まい・まちが求める価値を独自に探求し、未来の住まい像を提案していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

IoT(インターネット・オブ・シングス)

Internet of Things。モノが人を介することなく相互に情報をやりとりする概念をいう。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。