不動産ニュース / 調査・統計データ

2017/11/10

ビル管理市場、17年度は3兆8,800億円と予測

 (株)矢野経済研究所は9日、2017年の「ビル管理市場に関する調査」の結果を公表した。7~9月にビル管理事業者に対して直接取材や電話・アンケート、文献などから調査した。

 16年度のビル管理市場規模は元請金額ベースで3兆7,433億円(前年度比2.4%減)。宿泊施設の増加やリニューアルなど、建物修繕などの需要は好調だが、収益性の観点から課題も散見され、市場規模自体は縮小となった。

 17年度の市場規模は16年度比3.7%拡大の3兆8,804億円と予測。国内ではホテル業界が活況ではあるものの、宿泊施設も含めて全般的に採算性が低く、収益に結びつかない案件もあるとした。人手不足などが課題という現状に変化はないが、需要増と採算性のバランスを考慮すると横ばい傾向が継続するとした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。