不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2017/11/14

KDRとJSL、3月に合併

 ケネディクス・レジデンシャル投資法人(KDR)とジャパン・シニアリビング投資法人(JSL)はこのほど、合併を決定した。

 KDRでは、優良物件に対する取得競争の激化により物件購入機会が減少し、外部成長の鈍化を余儀なくされている。一方JSLでも、資産規模が小さいことを要因とする投資口価格の低迷、およびそれに伴う外部成長機会の喪失といった課題を抱えている。

 そこで合併により、資産規模・時価総額の拡大を図り、流動性向上を進めると共に、アセットの相互は勘により収益の安定性強化を図る。さらに運用効率の改善と財務健全性の向上などの効果も期待する。
 なお、合併後の資産規模については、11月10日現在で約1,931億円に達する見込み。

 KDRが吸収合併存続法人、JSLが吸収合併存続法人となり、効力発生日は2018年3月1日。

 KDRは合併後、去就用施設からヘルスケア施設、宿泊施設など幅広い投資を進めていく計画。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

投資法人(投資信託における)

会社型投資信託において、投資家の資金によって投資を行なう主体となる法人をいう。その構成員は投資主であるが、意思決定機関として投資主総会、業務遂行機関として役員会が設置されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。