不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2017/11/14

市場活性化へ合弁会社設立/スターツ・リブセンス

 スターツコーポレーション(株)はこのほど、不動産流通市場のさらなる活性化を目指して、(株)リブセンス(東京都品川区、代表取締役社長:村上太一氏)と、新サービスを提供する合弁会社を設立すると発表した。

 リブセンスは、求人情報サイトの運営等のほか、不動産情報サイト「IESHIL(イエシル)」の運営など求人・不動産・医療等に関わるインターネットメディア運営事業を行なっている。

 同社グループが持つ不動産取引および不動産オークション事業に関するノウハウと、リブセンスが持つITおよび不動産テックを活用した不動産情報提供サービスに関するノウハウを融合させ、不動産取引の透明性・公正性を高め、顧客が安心・納得して取引ができる不動産流通市場の創造および活性化を目指していく。

 合弁会社の事業計画、詳細等は未定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

不動産テック

情報通信技術を大幅に活用した不動産サービスをいう。「不動産」と「技術(Technology)」を組み合わせた造語で、英語のRealEstateと組み合わせて「ReTech」とも言われる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年2月号 日々の実務に役立つ情報満載です
特集:編集部が選ぶ!!不動産業界 2017年のトピックスで、昨年の重要テーマを振り返り!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/1/19

「記者の目」更新しました。

建物と人をつなぎ、まちの魅力を残す」の記事を更新しました。

今回は、築52年の共同住宅兼店舗を“リファイニング工法”により改修した事例を取材してきました。
既存ストックの再生術として一般的なのは“リノベーション”や“コンバージョン”といった手法。ですが、これらの手法による改修は、外見の化粧直しにとどまり、耐震性や抜本的な商品性には手を入れないケースも…。一方、リファイニングは、躯体の延命措置を始め、建物の「中身」にまで徹底的に手を入れる手法。建物寿命も商品寿命もリセットすることができ、今、注目が集まっています。